秦郁彦「南京事件」の評価. 秦氏「南京事件」は、南京事件を知る上での基本書のひとつであること*4には異論ありません。 記述上に多少の問題があ

秦 郁彦 南京

  • 秦郁彦が百田尚樹「『南京大虐殺』はなかった」の嘘とトリックを一刀両断|LITERA/リテラ
  • 秦郁彦 - ianfu.net
  • 楽天ブックス: 南京事件増補版 - 「虐殺」の構造 - 秦郁彦 - 9784121907950 : 本
  • 南京虐殺 1 「大虐殺派」から「なかった派」まで ( 脱・洗脳史講座
  • 南京事件の被害者数 - Wikipedia
  • 秦郁彦が百田尚樹「『南京大虐殺』はなかった」の嘘とトリックを一刀両断|LITERA/リテラ

    秦郁彦が百田尚樹「『南京大虐殺』はなかった」の嘘とトリックを一刀両断 百田センセイは『日本国紀』のなかで、5ページも紙幅を割いて〈客観的に見れば、「『南京大虐殺』はなかった」と考えるのがきわめて自然である〉と書いている。 22日の蘭に引用した上丸洋一著「『諸君!』『正論』の研究」(岩波書店)の記事の続きは、歴史家・秦郁彦氏の戦争責任論について、次のように論述している; 歴史学者の秦郁彦も山本七平同様、東条英機の敗戦責任を問題にする。秦は『南京事件』『盧溝橋事件の研究』などの著書をもつ軍 ...

    『南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書)』(秦郁彦)の感想(14レビュー) - ブクログ

    南京事件については「あった」「なかった」とか数字的な論争ばかりが目についていたのでさして読もうとは思わなかったけれど、「なるべく事実関係を知っておきたい」と思い、実証主義論者として有名な秦郁彦氏の著作を手にとった。 友人から送ってきた関西の某紙のごときは、秦郁彦千葉大教授の次のようなコメントまで掲載して資料価値の高い報道だと評価した。 「日本の友好国だったドイツ人が客観的に当時の状況を描写している。その意味で、当時から日本への反感が強かったとさ ... 「南京事件 増補版」の購入はbookfanプレミアム店で!:bk-4121907957:南京事件 増補版 / 秦郁彦 - 通販 - Yahoo!ショッピング

    秦郁彦「南京事件」増補版 ( 日本史 ) - 南京大虐殺は虚構 - Yahoo!ブログ

    板倉氏は結論として、「南京で死んだ人の数は一般人(城内+江寧県)一・五万人、兵士三・二―三・五万人」で計約五万、うち日本軍による不法殺害は、兵士 ・八万、一般人〇・五万、計およそ一・三万人と推定、幅を持たせて一万~二万人としておけばよい、と述べている。 現物を見た半藤氏にとっては「捏造」説があること自体意外だったようだ。報道された部分だけでなく、「もっと全般を幅広く見て、そのうえで、信頼性の高い史料だと判断」したという秦郁彦の言葉に半藤一利も同意している。保守派とはいえa級…

    南京事件。 - 秦郁彦のデッチアゲについて(5)一、ところが民家を焼いて行... - Yahoo!知恵袋

    南京事件。 秦郁彦のデッチアゲについて(5)一、ところが民家を焼いて行く悪習は味方の後方部隊を苦しめることになったで、慌てた軍司令部は禁令を出した、例えば歩兵第九旅団(国崎支隊)の陣中日誌に「会報ヲ開キ各隊ニ注意... 慰安婦問題特集 3氏に聞く 慰安婦問題の主要な争点は、官憲による組織的、暴力的な強制連行の有無と、慰安所における慰安婦たちの生活が「性 ... 你好朋友... 我是学生 我已完成25+(21-01-2020)的常识测验。 希望对您也有帮助。 谢谢啦

    南京事件 「虐殺」の構造 増補版の通販/秦 郁彦 中公新書 - 紙の本:honto本の通販ストア

    南京事件 「虐殺」の構造 増補版 (中公新書)/秦 郁彦(新書・選書・ブックレット:中公新書) - 満州事変以来、10数年にわたって続いた中国侵略の中で、日本軍が最も責められるべき汚点を残した南京事件とは? 日本軍の戦闘詳報、陣中日誌、参戦...紙の本の購入はhontoで。 南京事件 「虐殺」の構造 増補版 秦 郁彦 中公新書 南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書) 作者: 秦郁彦 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2007/07/01 メディア: 新書 購入: 5人 クリック: 84回 この商品を含むブログ (35件) を見る 本書は増補版として2007年7月25日に発行。初版としては1986年2月25日 ...

    秦郁彦 - ianfu.net

    秦郁彦 米軍もさんざ日本じゃ慰安させ ――朝日川柳―― 再燃した慰安婦狂騒曲 二〇〇七年三月六、七日の日本共産党機関紙『赤旗』は、「安倍首相『慰安婦』発言に世界から批判」の大みだしで、海外支局を動員して「事実を認めよ―中国外相『適切処理を』」「米NYタイムズが社説――事実 ... だが、そんな同書のなかでも一際目を引くのが、近現代史家の秦郁彦氏へのインタビューだろう。保守派の歴史専門家だが実証的な研究や実績で知られる秦氏は、あの『日本国紀』をどう読んだのか。その口から出てくるのは、冷静ながらも辛辣な言葉の ... ゼムクリップだけで簡単に南京錠を開ける方法! Militaire Electronic by Kevin MacLeod is licensed under a Creative Commons Attribution licence (https://creativecommons.org ...

    秦郁彦著述『南京事件「虐殺」の構造』をテキスト・クリテークする4 蘆溝橋から南京へ - sss word

    秦郁彦氏の著書『南京事件』(1986年/昭和61年版)への批判は4回目となる。第一章、第二章への批判について、くり返し述べたが、秦氏の史実探究の手法として、史料批判(テキスト・クリティーク/textcritique)」と呼ばれる必要な情報の取捨や評価をする手法を用いているとされているが ... 秦郁彦の四万人説はこれを除外した数字である。虐殺された敗残兵には南京城攻防戦において日本軍に降伏した直後に戦場で殺戮された投降兵があるが、秦郁彦はそれを南京大虐殺の被害者の数に含めていない。この点は本を読んでいて大いに疑問に感じる ...

    秦郁彦、「論争史から観た南京虐殺事件」 - Apeman’s diary

    秦郁彦が『昭和史の謎を追う』で反論しているそうですから、それを読んでから判断しても遅くないんじゃないでしょうか? それから、どうも 南京事件 に関しては史料の信憑性に関して非常に単純な考え方をする方々が少なくないように見えるのは、不思議なことです。 自虐でも自尊でもない実証的な歴史観をもって、沖縄集団自決問題や慰安婦強制連行、南京事件を冷静に検証し、歪曲、誇張された「虚」を削除しつつも、「実」をきちんと掬(すく)いだして是々非々で論じる秦節鮮やかな歴史評論集です。一読して ...

    南京事件では”一般市民の組織的虐殺はなかった” – アゴラ

    南京事件では”一般市民の組織的虐殺はなかった” / 去る11月12日のフジテレビプライムニュースで、南京事件をめぐって大虐殺派の山田朗氏、中間派の秦郁彦氏、まぼろし派の藤岡信勝氏の討論が行われた。山田氏は南京陥落時の人口が60万位いたとか、崇善堂の埋葬記録(11万)を根拠 秦郁彦 「旅順虐殺事件-南京虐殺と対比しつつ-」 1997. 日清戦争時の旅順虐殺事件を、昭和前期の日本軍が起した南京虐殺事件と対比して、その相似点、事件の責任者などを論究した論文です。

    楽天ブックス: 南京事件増補版 - 「虐殺」の構造 - 秦郁彦 - 9784121907950 : 本

    南京事件増補版 - 「虐殺」の構造 - 秦郁彦 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 』2007年7月号 秦郁彦、大沼保昭、荒井信一「激論 「従軍慰安婦」置き去りにされた真実」 ^ 河野談話作成過程等に関する検討チーム (2014年6月20日). “慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯 河野談話作成からアジア女性基金まで”. 2016年1月23日 閲覧。

    秦郁彦 - Wikipedia

    秦 郁彦(はた いくひこ、1932年(昭和7年)12月12日 - )は、日本の歴史家、大蔵 官僚。歴史家として、拓殖大学 教授・千葉大学教授・日本大学教授を務めた 。法学博士(東京大学、1974年)。 南京事件。秦郁彦を糺す(4)。名誉棄損の秦の「南京事件」中公新書と言論の自由について。問1.この本は、秦と中公新書の合意のもと自主的に廃刊すべきですか。 問2.国民の有志が名誉棄損で、秦郁彦と中公新書を訴えるべ... 秦郁彦に関する記事一覧ページ です。 秦郁彦に関するトピックス:朝日新聞デジタル 朝日新聞社のニュースサイト、朝日新聞デジタルの秦郁彦 ...

    南京事件 - TikiTikiインターネット

    秦郁彦氏は『南京事件』のあとがきに「もしアメリカの反日団体が日本の教科書に出ている原爆の死者数が「多すぎる」とか、「まぼろし」だとキャンペーンを始めたら、被害者はどう感じるだろうか」と書いています。 秦氏は慰安婦問題では第一人者だが、南京事件の概説書を書くのが早すぎたのかも知れない。 藤岡氏にとって、秦郁彦氏の『南京事件』は絶版すべき本らしい。藤岡氏も流行(?)のティンパリー国民党エージェント説に乗っているようだ。 右派の学者であるとはいえ、さすが歴史学者だけあって南京大虐殺の存在をしっかり認めている秦郁彦の姿勢は評価に値する(ただし犠牲者数を少なめに見積もっているらしいことは遺憾だが)。

    秦 郁彦『南京事件』 - SpinNet

    秦 郁彦(はた いくひこ) 『南京事件 虐殺の構造』 中公新書 1986. 旅行で南京を訪れたとき、地元のタクシーの運転手に「おまえのお祖父さんは戦争中に南京にきたのか」と聞かれてゾッとしたことがある。 1月23日金曜夜9時「櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!」第118回生放送のゲストは、現代史家の秦郁彦氏です。櫻井キャスターは、戦後70年 ... ↑ p.34 『南京「虐殺」研究の最前線』秦郁彦・東中野修道 展転社 2002年 ↑ 『政経研究』再録 p.302『旧日本軍の生態学』秦郁彦 ↑ 月刊『中国』志々目彰 1971年 引用 p.297『旧日本軍の生態学』秦郁彦 ↑ p.302-304『旧日本軍の生態学』秦郁彦

    秦郁彦氏による犠牲者数推計値の問題点について - 誰かの妄想・はてなブログ版

    秦郁彦「南京事件」の評価. 秦氏「南京事件」は、南京事件を知る上での基本書のひとつであること*4には異論ありません。 記述上に多少の問題があるにせよ、事件の概要を知る上での価値が損なわれるわけでもありません*5。 私が問題としているのはあくまでも、犠牲者数の推定過程に問題が ... 秦郁彦 秦郁彦の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(201... 秦郁彦; 歴史捏造主義 「南京事件研究者」の秦先生に「中韓との歴史戦」に「産経が主張する南京事件否定論の宣伝」が入るのかお聞きしたいところ。やっぱ、産経から正論大賞もらった時点で「南京事件否定論」に正式に鞍替えですか?(毒)

    南京虐殺 1 「大虐殺派」から「なかった派」まで ( 脱・洗脳史講座

    (注) 『南京事件 増補版』(中公新書、2007年)のなかで、秦は「この20年、事情変更をもたらすような新史料は出現せず、今後もなさそうだと見きわめがついたので、あらためて4万の概数は最高限であること、実数はそれをかなり下まわるであろうことを ... 秦郁彦 評価 肯定嶋津格は、秦の著書『慰安婦と戦場の性』の裏表紙で「このような結論を導くに際して、秦は、自らが国内外にわたって収集、調査した資料を駆使する歴史学的態度を堅持している。そして、その結果生まれた本書...

    大虐殺派のウソ写真と証言 - history.gr.jp

    「南京事件」でいえば、中国の虐殺宣伝に有力な武器を与えているのが、一連の曽根一夫著作であり、秦郁彦氏の強力な推薦である。 渡部-秦論争のあらまし チャンネル登録お願いいたします! https://www.youtube.com/user/joumagic ライブ中継専用チャンネル【ジョマジ!ライブ】 現代史の対決 - 秦郁彦のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い ...

    南京事件 「虐殺」の構造 中公新書 : 秦郁彦 | HMV&BOOKS online - 9784121907950

    南京事件 「虐殺」の構造 中公新書 - 秦郁彦のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 秦郁彦がいなかったら、日本近現代史の研究はどうなっていただろうか。立場の左右を問わず、その手になる『日本陸海軍総合事典』『日本官僚 ...

    南京事件の被害者数 - Wikipedia

    秦は台湾公式戦史、上海派遣軍参謀長の飯沼守少将日記を採用して、南京守備軍の兵力を十万、うち五万が戦死、四万が捕虜になり、三万が捕虜になったあと殺害された(生存捕虜は一万)と推定し、上海派遣軍郵便長の佐々木元勝の12月15日日記の「俘虜は ... しかし笠原十九司『南京事件論争史』や秦郁彦『南京事件』に載っている証言や文書を読むと、南京事件はなかったと否定することは不可能で、どう考えても不法殺害者がゼロということはあり得ない。 『慰安婦と戦場の性 (新潮選書)』(秦郁彦) のみんなのレビュー・感想ページです(18レビュー)。作品紹介・あらすじ:日本人にとって、「性」とは何か?公娼制度の変遷から「慰安婦」旋風までの全てが分かる!日本の慰安婦制度の歴史と実態をもとに、豊富な資料・証言と諸外国の事例から、拡散 ...

    『南京事件―「虐殺」の構造』|感想・レビュー - 読書メーター

    秦 郁彦『南京事件―「虐殺」の構造』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約36件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 秦郁彦氏「歴史の専門家に読まれる本とは思えない」 現代史家の秦郁彦氏は「日本国紀」を読んだ感想として、取材に対し「約2000年の日本の歴史を1人で書こうという意思を持つ人はほとんどいなかったのではないか。 その点で意表を突いた一冊」と話す ...

    南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書) | 秦 郁彦 |本 | 通販 | Amazon

    Amazonで秦 郁彦の南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。秦 郁彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 秦郁彦(日语: 秦 郁彦 / はた いくひこ Hata Ikuhiko ,1932年12月12日 - )是日本的歷史学者。 原日本大学 法学部 教授。 1974年在東京大学取得法学博士學位。 山口县出身。因专注研究日本近現代史并发表相关研究著作等而为人所知。 ^ a b 秦郁彦『旧制高校物語』文藝春秋(文春新書)、2005年、著者紹介。 ^ 著者プロフィール 秦郁彦 - 新潮社 ^ “時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(1)大本営発表に疑問抱く”. 読売新聞朝刊.



    秦 郁彦(はた いくひこ、1932年(昭和7年)12月12日 - )は、日本の歴史家、大蔵 官僚。歴史家として、拓殖大学 教授・千葉大学教授・日本大学教授を務めた 。法学博士(東京大学、1974年)。 Amazonで秦 郁彦の南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。秦 郁彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 最新 ゴルフ 場. 秦 郁彦(はた いくひこ) 『南京事件 虐殺の構造』 中公新書 1986. 旅行で南京を訪れたとき、地元のタクシーの運転手に「おまえのお祖父さんは戦争中に南京にきたのか」と聞かれてゾッとしたことがある。 南京事件については「あった」「なかった」とか数字的な論争ばかりが目についていたのでさして読もうとは思わなかったけれど、「なるべく事実関係を知っておきたい」と思い、実証主義論者として有名な秦郁彦氏の著作を手にとった。 秦郁彦氏は『南京事件』のあとがきに「もしアメリカの反日団体が日本の教科書に出ている原爆の死者数が「多すぎる」とか、「まぼろし」だとキャンペーンを始めたら、被害者はどう感じるだろうか」と書いています。 「南京事件」でいえば、中国の虐殺宣伝に有力な武器を与えているのが、一連の曽根一夫著作であり、秦郁彦氏の強力な推薦である。 渡部-秦論争のあらまし 格付け し あう 売れっ子 たち. 秦郁彦「南京事件」の評価. 秦氏「南京事件」は、南京事件を知る上での基本書のひとつであること*4には異論ありません。 記述上に多少の問題があるにせよ、事件の概要を知る上での価値が損なわれるわけでもありません*5。 私が問題としているのはあくまでも、犠牲者数の推定過程に問題が . 南京事件。 秦郁彦のデッチアゲについて(5)一、ところが民家を焼いて行く悪習は味方の後方部隊を苦しめることになったで、慌てた軍司令部は禁令を出した、例えば歩兵第九旅団(国崎支隊)の陣中日誌に「会報ヲ開キ各隊ニ注意. 秦郁彦 米軍もさんざ日本じゃ慰安させ ――朝日川柳―― 再燃した慰安婦狂騒曲 二〇〇七年三月六、七日の日本共産党機関紙『赤旗』は、「安倍首相『慰安婦』発言に世界から批判」の大みだしで、海外支局を動員して「事実を認めよ―中国外相『適切処理を』」「米NYタイムズが社説――事実 . 秦は台湾公式戦史、上海派遣軍参謀長の飯沼守少将日記を採用して、南京守備軍の兵力を十万、うち五万が戦死、四万が捕虜になり、三万が捕虜になったあと殺害された(生存捕虜は一万)と推定し、上海派遣軍郵便長の佐々木元勝の12月15日日記の「俘虜は . (注) 『南京事件 増補版』(中公新書、2007年)のなかで、秦は「この20年、事情変更をもたらすような新史料は出現せず、今後もなさそうだと見きわめがついたので、あらためて4万の概数は最高限であること、実数はそれをかなり下まわるであろうことを .